スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト の続きを読む


カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

生産性とは

 2007-03-12
辞書によると
「生産過程に投入される生産要素が生産物の産出に貢献する程度」
だそうです。

この業界における生産性とは??

昔にこういう事を考えた事があったなー
と思い、そのときの事を今日は書きます。

どうやって生産性を上げるかって事。

まず、3つの領域に分けて考えて見ます。
1.個人の生産性
2.プロジェクトの生産性
3.会社の生産性


1.は冒頭の辞書の意味と照らし合わせると、
生産過程は各細かい作業、
生産要素は各個人、
生産物はそのまま成果物(設計書とかプログラム)
となり、貢献の程度(生産性)をあげるには、
やっぱりスキル向上ですね。

その為にどうするかは、、、

これは個人の領域なので、
自分で頑張れば何とかなるでしょう。


次からはちょっと厄介。
2.では
生産過程はシステム構築等、その案件の達成事項
生産要素はプロジェクトメンバー
生産物は、1と同じ様に各成果物の集大成。

さてどうやって生産性を上げましょう??

僕の考えでは、
生産性向上=利益率向上
の観点で考えてみました。

そうすると、
無駄な残業や戻り作業の発生といった事による
作業見積もりとの乖離をいかに少なく抑えるかだと思っています。

ただ。

悲しいかな、これが出来るのは一部の人間です。
要するにリーダークラスの人がどれだけこういう事を
頭に置いて動けるかが全てです。

いち作業者がどれだけ頑張っても、
個人の生産性しか上がりません。。

この業界特有ですが、
出来る人(生産性が良い人)にはドンドン仕事が周ってきます。
そこで頑張ってもプロジェクトで見るとたかがしれてますし、
そんな個人で頑張ってもその人がもちません。。


この観点のまま3を考えてみると、

生産過程は各案件
生産要素は社員
生産物は利益

んー。
請負なら1+2
委託や派遣なら1で単価アップ。

こんな感じでしょうか。


良く見ると、、
結局は個人の生産性に集約されます。

個人の生産性向上⇒単価アップ
で考えると、やっぱり技術力。
ここで技術力とは知識はもちろんですけど
経験や振る舞いも大きな要素だと考えます。

となると
生産性向上=利益率向上=技術力向上

売り上げ売りアゲ言ってる会社は、
目先のお金に惑わされずに、
社員の技術力向上に力を注げば自ずと利益は
沸いてくるんでないでしょうか?



よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))




関連記事

生産性とは の続きを読む


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://halken802.blog94.fc2.com/tb.php/19-36a3f605
  • 生産性について【マーケティング経営用語】
    生産性生産性(せいさんせい:productivity)とは、資源から付加価値を生み出す際の効率の程度のこと。一定の資源からどれだけ多くの付加価値を生み出せるかという測定法と、一定の付加価値をどれだけ少ない資源で生み出せるかという測定法がある。.wikilis{font-size:10px;
【2007/03/15 15:38】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
halken800 Twitter
最近の記事
カテゴリー
タグリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
広告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。