スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト の続きを読む


カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

どっちが正解?

 2007-03-30
Q.ある案件があります、
  あなたは依頼されますが
  100%成功させる事は困難だと思っています。
  引き受けますか?



以前のプロジェクトで
リーダーさんにこんな質問をされました、
僕は「頑張ってやりますよー」とか
訳の解かんない事を答えてましたが、、、

その人曰く、
どこかの偉いさんの講習で聞いた話では
「引き受けない」が正解だそうです。


みなさんはどうお考えでしょう??


でも、
でもよ、
この業界そんな事言ってちゃ
干されちまうよ。

僕みたいな頭の悪い奴なんか
いっつも当たって砕けてるもんね。

でもさすがに最近は、
頭打ち続けた甲斐あって、
デスマの臭いには敏感になりました。

そんな案件は
引き受けません。

よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))

  

どっちが正解? の続きを読む


昨日見た夢

 2007-03-26
ピンク色の怪物が現れ、
頭の上から僕をカリカリと
音を立てながら食べていった。

ちょうど頭半分と肩を食べ終った頃、
「今はこのぐらいにしといてやろう」
と言って、去っていった。

近くにドラえもんがいて、
助けを求めたが知らん振りだった。

どうやら僕は出演者ではないので
ダメらしい。
その後、その怪物と戦ってたけど、
全員ピンク色になってやられていた。


なんだこれ?
超おっかねー
やけに鮮明に覚えているので、
書いてみた、そんだけ。

よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))


昨日見た夢 の続きを読む


第5回 人生最大級の屈辱 in 模擬面接

 2007-03-22
書類選考が思惑と外れるなか、
御姉様に突き飛ばされる様に後押しされ、
流れのまま模擬面談へ、、、

最初にカウンセリングを受けた時と同じように、
小部屋へと案内されました。

ふと、「資料に目を通しておいて下さいね」
と言ってた言葉が脳裏をよぎります。
当然??見ていません。。

まぁ今まで仕事で何度か面談してきたし
何とかなるでしょ。
それより、何かお得な情報ちょうだい!
見たいな甘い考えで待っていると、、


御姉様登場。

「資料は読んでいただけましたか?」
「‥‥はい、軽く目は通しました、、」

おー、凄い威圧感を感じるぜ。。

「(中略・・軽い世間話)」
「では、早速はじめましょうか。」
「まず、自己紹介をお願いします。」


ここまで文章にしてみると、
なんのこっちゃ無い普通のやり取りですが、
その間、御姉様はこっちの目を凝視です。
さらに営業スマイル。
おそらく表情の70%は作ってます。。
さすがプロ。

苦手だー
普段なら営業スマイルされても
無愛想にやり取りするけど、
今回はそういう訳にもいかず、
相手に合わせて引きつった笑顔を振りまいたり
してました。

さらにこの時期、本当に人と話す事が少なくて
あまり面識のない人間と狭い空間で
1対1で話すなんて精神的にキツかったっす。

こういうことが重なって、
質問されても頭が真っ白け。

こっちがアタフタ答えても、
向こうは表情1つ変えず、
営業スマイル&凝視です。

15分ほどやり取りがあり、
どうしようもない状況に御姉様も
痺れを切らしたのか早々に中断。

取りあえず面接時のアドバイスを
姿勢や話し方から始まり、
話の内容までダメだしが続きます。。

「話す内容を考えてメールで送ってもらえますか?」
「いつ出来ますか?」
「はい。明日中には遅らせていただきますorz」

「みなさん、本番より私との面接の方が緊張するって
いいますのよホホホー」
「(そうでしょう‥‥)」

そそくさと帰ります。。

本当に辛かった。。
というより悔しかった。。
コレじゃ絶対無理だ。。

でもこの機を逃したらもう後がないぞぇ!
やるしかねぇ!

その時点ていくつか
書類選考の結果が返ってきてたので、

オイオイやっとかよ!って感じですが、
その企業を調査、
面接対策を始めたのでした。。



いやー
この時期は辛かったのよ。
自分の市場価値の現実を突きつけられたり
仕事もしながら時間作ったり。
会社変わんなくてもいいんじゃないの?
とか考えたりしてさ


よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))

第5回 人生最大級の屈辱 in 模擬面接 の続きを読む


この仕事って。。

 2007-03-21
なぜこの仕事(SE)をしているんだろう。。

最初は何か手に職を付けようって事で、
モノ作りとコンピュータが好きな事もあいまみえて
現在に至るんだけど。。

基本的にこの仕事って、
チョーめんどくせーのと
細かいのと
完璧で当たり前っていう
とても大変!!

そもそも元来めんどくさがりで
細かい事が苦手な自分にとっては
ツライと感じる事もあったり、、、

今の現場に様にマッタリしてると
つい雰囲気に流されてミスを
してしまいがちです。


でももう他の仕事なんで出来ないしなー

キャリア的には会社変わって、
将来は見えてきたので、
もう少し頑張ってみるか。

早く金持ちになってリタイヤしてー
と思う今日この頃です。。

おしまい

よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))


この仕事って。。 の続きを読む


バランス

 2007-03-16
絶妙なバランスの上で成り立っているシステム。。
維持改善に当たる人は気の毒だね、、

よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))

バランス の続きを読む


生産性とは

 2007-03-12
辞書によると
「生産過程に投入される生産要素が生産物の産出に貢献する程度」
だそうです。

この業界における生産性とは??

昔にこういう事を考えた事があったなー
と思い、そのときの事を今日は書きます。

どうやって生産性を上げるかって事。

まず、3つの領域に分けて考えて見ます。
1.個人の生産性
2.プロジェクトの生産性
3.会社の生産性


1.は冒頭の辞書の意味と照らし合わせると、
生産過程は各細かい作業、
生産要素は各個人、
生産物はそのまま成果物(設計書とかプログラム)
となり、貢献の程度(生産性)をあげるには、
やっぱりスキル向上ですね。

その為にどうするかは、、、

これは個人の領域なので、
自分で頑張れば何とかなるでしょう。


次からはちょっと厄介。
2.では
生産過程はシステム構築等、その案件の達成事項
生産要素はプロジェクトメンバー
生産物は、1と同じ様に各成果物の集大成。

さてどうやって生産性を上げましょう??

僕の考えでは、
生産性向上=利益率向上
の観点で考えてみました。

そうすると、
無駄な残業や戻り作業の発生といった事による
作業見積もりとの乖離をいかに少なく抑えるかだと思っています。

ただ。

悲しいかな、これが出来るのは一部の人間です。
要するにリーダークラスの人がどれだけこういう事を
頭に置いて動けるかが全てです。

いち作業者がどれだけ頑張っても、
個人の生産性しか上がりません。。

この業界特有ですが、
出来る人(生産性が良い人)にはドンドン仕事が周ってきます。
そこで頑張ってもプロジェクトで見るとたかがしれてますし、
そんな個人で頑張ってもその人がもちません。。


この観点のまま3を考えてみると、

生産過程は各案件
生産要素は社員
生産物は利益

んー。
請負なら1+2
委託や派遣なら1で単価アップ。

こんな感じでしょうか。


良く見ると、、
結局は個人の生産性に集約されます。

個人の生産性向上⇒単価アップ
で考えると、やっぱり技術力。
ここで技術力とは知識はもちろんですけど
経験や振る舞いも大きな要素だと考えます。

となると
生産性向上=利益率向上=技術力向上

売り上げ売りアゲ言ってる会社は、
目先のお金に惑わされずに、
社員の技術力向上に力を注げば自ずと利益は
沸いてくるんでないでしょうか?



よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))




生産性とは の続きを読む


オブジェクト脳のつくり方

 2007-03-10
4798104183.09._SS500_SCLZZZZZZZ_.jpg



オブジェクト脳のつくり方


3年程前に読んだ本。
JAVAのPGとして軌道に乗り出した頃かな、

オブジェクト指向ってナニ?
って人は概要と表面上の考え方は見につきます。
薄く知ってる人は、知らない人に説明できるレベルになれる
と思います。

僕はこれは何回か読んで、
その後2年位して仕事で使い出して、
やっと「オブジェクト指向での開発方法と意味」が解かりました。

内容はUMLから始まって、
ポリモーフィズムや、カプセル化、継承、
と一通りの取っ掛かり事項は説明してあります。

ずいぶん前なので詳しい内容は忘れましたが、
気に入ったのは、「アバウトな感じ」の説明。

オブジェクト指向って、
あくまで「考え方」なので、
小難しい本をいきなり読んでも、
凡人では理解できません。
(少なくとも僕はわかんなかった、、)

まず概要からやわらかくぼんやりと、、
実際使っていくうちに、そういう「考え方」
が出来るようになっていくもんだと思います。

そもそも、
オブジェクト指向って完璧では無いし、
絶対そういう考え方でないと駄目な訳でもない。

同じオブジェクト指向で作った。
といっても人それぞれ考え方が違うので
出来上がった物はそれぞれ違ったりします。


個人的には、
オブジェクト指向はこれまでの仕事で
恩恵を受けているので崇拝するけど、
知らない人に理解を求めるのは結構至難な業
だったりするもので、、、

でも知ってる人との仕事の上での
論争はなんとも言えない嬉しい刺激を受けます。

ただ、知ってる人とはなかなか出会う機会
は少ないなー。

何度も言うけど「考え方」なので
プログラム以外にも応用は聞くので、、
そういう観点で仕事すると同じ恩恵が
受けれるはず、、


とにかくこの本はお勧めです。


よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))




オブジェクト脳のつくり方 の続きを読む


焦り(~_~;)

 2007-03-07
会社を変わってから1ヶ月が経ちました。

会社を変わる前。
去年の夏頃から何か焦りを感じ始め、
自分に余裕がなくなって来ていました、、

年齢的(30)な事も関与しているのか?

SEという職業柄?まぁどんな仕事でもそうですが、
上を見ると切りが無いですし、
下からの追い上げも一生ある事でしょう。

これまでは「追いつけ追い越せ」で
無理やり自分のモチベーションを上げて来たけど、
どうも最近はしっくりこない感じです。

会社変わっても、やっぱりそこで実績付けてから
ナンボの世界ですしね、、

ちゅうかこれまでやってきたやん、認めてよ!

という心の叫びも、上司と同じ場所で仕事してないと
伝わりにくいよねー、やっぱ人間だもの。

この前ここで自分で書いた、
スケジュールの立て方に当てはめると
する事は決まってるんだから、
後は何も考えずにやるだけ!

焦らずに余裕を持たないと!
焦るな。焦るな。


よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))


焦り(~_~;) の続きを読む


詳細設計の粒度

 2007-03-05
先日、職場の人とこんな会話がありました。

職場の人:「これ(詳細設計)って、どこに機能内容が
      書いてるんでしょうね?」

ぼく:「そのファイルの前のほうに書かれてるんじゃないですか?」

職場の人:「ほんとだ、でも真ん中の方にも書かれてるよ」

これは既存の詳細設計書を見ての会話でした、
ファイルはエクセルで書かれていて、
1画面に1ファイルで、シート毎に
画面定義書やチェック内容、処理定義などが書かれていました。

設計書粒度って難しい、、
これまで色々な設計書を見てきたけど、
どれも一長一短な気がします。

というか、解かりやすく書かれていても、
やっぱりどこかはローカルルールなので、
メンテが発生する度にどうしても
最初の指針がずれていってしまい、
結局ソースを追いかけるハメに、、

それならいっそXPとして仕様書なしの方が
いいのか?
コメント+javadocと画面毎の機能概要と
基本設計で充分?

どっちにしろ明確な良いルールがあって
誰が見ても理解が容易で、
どこのプロジェクトでも通用する設計書が理想だな。

こうゆう所をもっと追求したいんだけど、
今の仕事は維持改善だからなー、
焦らずチャンスを待とう。

よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))


詳細設計の粒度 の続きを読む


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
halken800 Twitter
最近の記事
カテゴリー
タグリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
広告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。