スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト の続きを読む


カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

№1理論

 2007-02-19
4876209561.09._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg

№1理論

確か3,4ヶ月前に読んだ本です、
転職活動の精神力が養えるかと思い買いました。
作者は、あの駒大苫小牧の優勝を精神的に
支えた人物だそうで、その話が随所に見られます。

内容は端的に言えば、
「信じる物は救われる」的で
自分が出来ると思えばできる、
モテると思えばモテモテになるそうです。

そんな都合の良い話が、、、
ってトコですが、
作者の言い分では、
人間は過去の失敗体験から、
必然的に身を守る手段として恐れや不安を感じる
ようになっているらしい。

要するに過去にフラれた経験があれば
告白する勇気が出ないとった感じです。
中途半端な勇気を出しても、
自信なさげに告白するとやっぱりフラれる。
これでは負のスパイラルに陥ってしまいます。

そこで!
究極のプラス思考として、
自信満々に告白すると、
大成功!!


もう1つの例として、
親が東大出身とします、
その子供が、親が東大以外の子供と
同じ様に勉強してても合格する確率は高い。

これは
「親が東大」
 ↓
「身近な人が東大」
 ↓
「東大?ふーん」
という発想になり、
勉強してても合格して
当たり前=迷いが無い
といった考えが働く。

身近に東大出身者が居なかったら、
「本当に合格するのか?」
「無理なんじゃねぇ?」
といった迷いが生じる事により
同じ勉強してても理解の差が生じるとの事。

いずれにしろ
メンタル面がもたらす作用は大きいのは
事実だと思うが、
「信じるものはバカを見る」との
バランスが肝心だと思った。

あと、
ツキのある人と一緒に居ると
ツキが周ってくるとかも書いてあったなー


この手のプラス思考・自己啓発的な本は
たくさん出てるんだけど、大半は
どっかから引っ張ってきた成功事例の紹介で終わってて、
その点、この本は具体的な考えの流れや方法を
理論的に語っている所が気に入って読んでました。


人間どうしても弱気になる時が
あったりするもので、
その時に気持ちをフラットにして
読んでみると良いかも知れません。

まぁ「信じる物は救われる」です。


よろしければポチっとお願いします。(変な所には飛びません(^^))

№1理論 の続きを読む


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
halken800 Twitter
最近の記事
カテゴリー
タグリスト
最近のコメント
最近のトラックバック
広告



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。